【カイジ】班長の素顔がヒドかった…素顔や隠れた謎と考察

カイジ 班長

 

漫画「カイジ」に登場するキャラクターで、主人公のカイジと地下強制労働施設で一緒に過ごしたのが、班長の「大槻」です。

 

班長は温厚でお人好しな性格をする一方で、ズルをして金儲けをするなど裏の顔を見せることでも知られる人気キャラクター。

 

そんな班長ですが、ペリカを貯めてどうするのかなど、謎が多いことをご存知ですか?

 

ここでは、班長の素顔や謎や考察について紹介していきます。

 

 

1.カイジの班長に見られる謎と考察

 

カイジ 班長

 

カイジが借金まみれになり、地下強制労働施設に放り込まれたとき出会ったのが、「大槻」という班長です。

 

どこか人柄が良さそうな雰囲気が漂っていますが、かなり腹黒い人物でありながらその素性はあまり分かっていません。

 

そんな班長には、以下に挙げるような謎があるので考察と併せて紹介していきます。

 

 

@ 地下強制労働施設にずっと留まっている謎

 

カイジ 班長

 

カイジに登場する大槻班長は、地下強制労働施設に留まり続け優しい顔を振りまいています。

 

実は彼、帝愛グループと結託してぼったくり価格で販売する売店を開いたり、息抜きのための地下チンチロリンを開帳するなどしているのです。

 

では、どうして班長は地下強制労働施設に留まっているのか謎が残りますよね?

 

地上に出ればお金を支払わずとも、行きたい所に行けるし自由に行動が可能なのに、それをしないのは不思議なところ。

 

スポンサーリンク

 

この点の考察として、「地上に出るよりも居心地が良い」というものが挙げられます。

 

地下施設での強制労働は、非常に厳しく過酷な仕事であり、粉塵が舞う所で作業をするので肺をやられてしまう可能性が高いです。

 

ですが班長は現場を監督する立場にいるので、厳しい労働をする必要はありません。

 

また地上に出れば仕事を探さなければいけませんが、班長という立場にいれば楽をしてお金を稼げ、生活が可能です。

 

班長にとって、ここまで居心地の良い場所はないですから、強制労働施設に留まり続けているんですね。

 

 

A 帝愛グループと結託できている謎

 

カイジ 班長

 

カイジが地下に送りこまれたとき、配属された班長として登場し、カイジを誘惑するなど人心掌握術に長けているところを見せつけました。

 

ぼったくり価格で販売している売店を開けたり、別料理を食べられるなど優遇されている班長。

 

では、どうして帝愛グループと班長が結託できているのか、謎が残りますよね?

 

本編では班長以外に、ここまで特別扱いをされている人は登場していないので、班長の扱いはかなり異例であることが推測されます。

 

スポンサーリンク

 

この点の考察として、「帝愛グループの利益になる人物だから」というものがあります。

 

班長がいることによって、地下施設で働く人々からも利益を得ることができるためある程度の権利を与えていると考えられるのです。

 

もしくは、以前から帝愛グループと何らかの関わりを持っており、地下施設の秩序を保つために割り振られた人物という可能性も否定できません。

 

何かしら、帝愛グループと繋がりがなければ、結託をして権限を得ることはできないでしょう。

 

帝愛グループは、そうした所は非常に厳しい目を向けているので、安易に人を信じることはしません。

 

 

B 班長が地下でお金を稼ぎ続けている謎

 

カイジ 班長

 

班長は地下で囚人から金を巻き上げ、自身の利益として貯蓄を続けています。

 

しかしながら、地下ではそこまでお金を使うイベントは発生せず、三食と寝る場所は確保されているのでお金を使いません。

 

では、どうして班長は地下でお金を稼ぎ続けているのか、謎が残りますよね?

 

この点の考察として、

 

  • 地上に出られる券を購入するため
  • クーデターを企てているため
  • 老後の貯蓄のため
  • 帝愛グループへ上納するため

 

これらが挙げられていますが、本編で「1日外出券」を大量に購入してバカンスを楽しむためと説明されています。

 

しかし、班長で特別な権限を持つ身であれば、わざわざ購入しなくても外に出ることぐらいは容易でしょう。

 

そのため、本編での説明は表向きのものであって、本当の目的は別の所にあると推測されています。

 

そうして浮かび上がったのが、「クーデターを企てている」というもの。

 

帝愛グループを裏側で操ろうと考えており、そのための資金稼ぎとして地下でバレない範囲でお金を貯めているのです。

 

 

2.カイジの班長が持つ素顔とは?

 

カイジ 班長

 

カイジに登場する班長ですが、囚人に対して気さくに話しかけており、慕われている雰囲気が出ています。

 

人の心を動かすのに長けているのはもちろんですが、相手が気を許すほどの優しさをにじませているのです。

 

カイジはその所で引っかかり、2日連続で豪遊するハメになってしまいました。

 

班長は表向きはニコニコしていますが、素顔はどのようなものなのでしょうか?

 

班長の素顔は、かなりの腹黒で狡猾な本性を持っており、人を人と見ておらずお金を稼ぐためなら、どんな卑怯な手段を取っても構わないと考えています。

 

こうした人物を、カイジの世界で見覚えがありませんか?

 

そう、帝愛グループ総帥に君臨している「兵頭」で、班長は兵頭のそうした言動を真似していると言われています。

 

兵頭と長く一緒にいたのかは不明ですが、少なくとも性格面での影響は受けているでしょうから、班長の素顔は兵頭と似ているのです。

 

 

3.カイジの班長が主人公?スピンオフ作品の内容

 

カイジ 班長

 

カイジの班長ですが、スピンオフ作品第二弾に登場し、主人公として描かれています。

 

それは、「1日外出録ハンチョウ」という題名の漫画で、班長が主人公となって外の世界で食べ歩きをするまさかのグルメ内容。

 

基本的には慌てず、マイペースな姿勢を崩さず食道楽な生き方を実践しているのです。

 

また、自身も自炊が得意で、食事に関してとことん追求する、意外な一面が見られる作品となっています。

 

彼は、地下で販売しているぼったくり商品を、地上に出たときに仕入れていることも、この漫画を通して初めて明らかにされました。

 

スピンオフとはいえ、本編と少し通じるものがあるので、カイジファンなら必読と言われています。

 

 

まとめ

 

カイジ 班長

 

ここでは、班長の素顔や謎や考察について紹介していきました。

 

班長は謎が多く残されている人物でありながら、出番はそこまで多くなくストーリーが進むとほぼ登場はゼロとなります。

 

そのため謎は解明されはせず、読者の間でモヤモヤした気持ちが残されているのも事実。

 

しかしながら、スピンオフ作品で班長は主人公になり、日本各地のグルメを食べ歩く意外な一面を見ることができているのです。

 

班長はカイジの世界でも人気が高いキャラクターなので、新しい事実が本編で明らかにされる可能性は否定できないので目が離せませんね。